薄毛予防 11ヶ条

薄毛予防の効果について

髪

薄毛になりたくないと考えるのであれば、まずは予防を考える事がお勧めです。頭皮の皮脂を落とし過ぎない洗髪を心がける、日常のストレスを減らす、良い髪を育てる為に必要なタンパク質、亜鉛、ビタミンを積極的に摂取するようにする、質の良い睡眠を心がける等、良い髪の毛が育ちやすい状態を作っておく事が大切です。

髪の毛が薄くなってきてから、対策を始めれば良いと考える人も多いでしょう。ですが、実際に髪の毛が減ってきてから対策や治療を始めた場合、効果を実感するまでに半年以上の期間が必要になる事が殆どです。

更に、その状態によっては、治療や対策を行っても薄毛が改善しないという可能性もあります。その事を考えると、髪の毛が薄くなってきたと悩む状態になる前に、髪の毛が薄くならないようにしっかりと予防を心がけておく事がお勧めです。

予防は目に見えて分かる効果は得られません。ですが、薄くなってから対策をするよりも、よりしっかりと髪の毛を守れる事に繋がります。

薄毛

薄毛予防はカウンセリングから始めよう

医者

薄毛の最大の解決法は予防にあります。薄くなってから焦って対策を始めるよりも、薄くならない時期から対策をしたほうがよいのです。抜け毛が目立ってきたら、とりあえずカウンセリングを受けてみましょう。

大手育毛サロン、クリニックでカウンセリングを受ければ間違いありません。毛根をマイクロスコープで確認すると、抜け毛と薄毛の原因が詳しくわかります。頭髪全体の中で、どの部位が薄くなってきているのか把握することもできます。

一般的に薄くなりやすい部位は、男性ホルモンの影響を強く受けており、男性の場合は頭頂部と前頭部が薄くなりやすいのです。女性は特定の部位だけ薄くなるケースは少なく、頭髪全体のボリュームが減っていく感覚です。

ただ、男女を問わずに薄毛の原因は複数あるため、自己判断で原因を決め付けるのはよくありません。育毛シャンプーに変えたら、逆に抜け毛が増えたという方もいるのです。原因にマッチした対策をしないと、逆に髪を失うことになりかねません。

頭皮が気になる

薄毛予防に効果的な方法とは

男性

薄毛予防は早く始めるほど効果があります。同じ対策を実践しても、25歳と35歳では効果が随分と変わってきます。毛量は年齢とともに少しずつ減りますが、これは仕方のないことでしょう。

大切なのは年齢に見合ったボリュームを維持することです。薄毛対策で大切なのは、自分だけは薄毛にならないと考えないことです。両親はフサフサでも、自分は薄くなってしまうケースは多々あります。

将来、髪が薄くなると想定しておけば、若いころから予防しようと思えるようになります。効果的な方法は、育毛シャンプーを十分に泡立てて洗髪することです。

非常にシンプルな対策ですが、これが薄毛予防の基本となります。シャンプーで汚れを落としきれていないと、抜け毛が少しずつ増えていきます。

1日100本程度抜けるようになったら、正常な状態ではありません。ひとたび抜け毛が増えてしまうと、元の状態まで回復させるのに1ヶ月はかかります。抜け毛が少し増えたと感じたときが、対策をするタイミングなのです。