薄毛予防 11ヶ条

男性ホルモンを抑制して予防

ウォーキング

男性ホルモンはたくましい筋肉を作るのに重要ですが、薄毛の原因にもなります。皮脂の分泌を促進したり抜け毛を増やしたりする男性ホルモンを過剰に分泌されなければ、皮脂が毛穴に詰まることや酸化することが無いので薄毛を予防することができます。

その方法は、有酸素運動をすることです。毎日20分ほどウォーキングなどの軽い運動をすると、男性ホルモンは筋肉を作るのに使われます。頭皮に作用する分が減るので、抜け毛が増えません。

また豆乳を毎日飲むと良いです。豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるので、ホルモンバランスが整います。

さらにアミノ酸も豊富に含まれています。グルタミン酸やアスパラギン酸など髪の毛を成長させる栄養素で、髪の毛にツヤが出るなどの効果も期待できます。

ターンオーバーを促進する作用があり、頭皮の働きを活性化させるので、薄毛予防だけでなく育毛効果を実感する人もいます。ただし脂肪分が多いので1~2杯だけ飲むのが基本です。