薄毛予防 11ヶ条

薄毛予防は遺伝体質でも行うべき?

遺伝

両親が薄毛だと、遺伝体質により自分も薄毛になる可能性が高いです。しかし、だからと言って何も対策をしないのはいけません。

確かに薄毛になる可能性は高いですが、若いうちから予防をしておけば遺伝の影響は最小限に抑えることができます。遺伝性の場合は20代から薄くなってくることが多いので、10代のうちから正しい洗髪方法を身につけておきましょう。

育毛シャンプーは低刺激タイプなので、未成年も使用できるものが多いです。思春期は皮脂分泌が盛んなので、シャンプーをするときは皮脂を残さないことが大切です。

抜け毛が増えてきた場合は、皮脂の増加が原因かもしれません。正しい方法で洗髪をしても、汚れを100%落とすことは難しいです。1%でも汚れが残ってしまうと、毎日少しずつ蓄積して大量の皮脂の塊となります。

シャンプー前に使用するクレンジングは、シャンプーで落とせない汚れも除去できます。皮脂を完全に除去して毛穴を開かせておくだけでも、十分な薄毛予防効果を期待できるでしょう。