薄毛予防 11ヶ条

プロペシアが有効

薬

プロペシアは、AGAと言われる男性型脱毛症の治療のために開発された内服薬です。アメリカで生まれた薬ですが、今では世界各地で販売され、日本でも2005年に厚生労働省によって承認されています。

女性が薄毛になる要因の一つとして女性ホルモンの乱れが挙げられますが、男性の場合も男性ホルモンが影響しています。

男性の場合は、テストステロンという男性ホルモンから変化したジヒドロテストステロンが、抜け毛を促進し、薄毛の直接的な原因になると言われています。プロペシアがAGAの治療薬として有効なのは、そのジヒドロテストステロンの分泌を抑制する成分が含まれているからです。

臨床試験においては、薄毛が改善された治験者は6割弱でしたが、ほぼ全員が進行することなく現状を維持していました。とはいえ、ただこれだけで以前のようなボリュームのある髪になることは難しく、予防薬として使われることが多いのが現状です。

プロペシアは医療機関で手に入れることができますが、保険適用外になるためかなり高額になります。そのため、海外から輸入するのがお得ですが、英語に抵抗があるなら、個人輸入を代行してくれるサービスを利用しても良いでしょう。