薄毛予防 11ヶ条

薄毛を予防するための生活習慣

睡眠

薄毛を予防する対策は、肌トラブルの予防に共通するものがあります。美肌の方は薄毛になりにくいですが、これは生活習慣が整っていることが一つの理由です。

お肌や頭皮を作るのは生活習慣であり、特に食習慣が大きく影響しています。野菜を沢山食べる方は薄毛になりにくいですが、これは血液がサラサラの状態を保てるからです。

血液の粘度が高くなってしまうと、ドロドロして血管を流れにくくなります。それにより毛根に到達する栄養も不足し、髪が細くなっていくのです。

生活習慣で食習慣に次いで大切なのは、早寝早起き、ストレス解消などです。髪を元気にするためには、夜ふかしは絶対に避けましょう。ターンオーバーに乱れが発生し、髪の成長スピードを遅くしてしまいます。

代謝機能に影響が出るので、夜は早めに眠るようにしてください。ストレス解消も重要であり、イライラや不安・悩みなどはなるべく早く解消しましょう。一番よいのは気にしないことですが、早寝早起きするのもストレス解消に役立ちます。