薄毛予防 11ヶ条

食生活のポイントとは

大豆

薄毛を食生活で予防するなら、豆類を沢山食べるようにしましょう。豆類のメリットは植物性タンパク質が豊富に含まれており、髪の原料になることです。

特に大豆にはイソフラボンが含まれており、ホルモンバランスを調整して髪を元気にしてくれます。髪の毛が栄養から作られている以上、食生活のバランスを無視してはいけません。

肉類や脂っぽい食事ばかりだと、皮脂が増えて抜け毛を増やします。薄毛を予防するためには、若いころから栄養バランスにこだわっておくべきです。あるとき急に食事内容を変えようと思っても難しいのです。

何より乱れた食事バランスが続くと、若いころから薄毛が発症してしまう可能性があります。60兆個の細胞に栄養を与えるのは血液であり、その血液の栄養となるのが食べ物なのです。脂っぽい食事は血液をドロドロにして、流れを悪くしてしまいます。

毛根に栄養をスムーズに届けるためにも、脂肪分の摂りすぎには注意しましょう。1日350g以上の野菜を食べるようにすれば、必然的に脂肪の摂りすぎも防げます。